【おすすめベース】Fender Jazz Bass 66年

Fender Jazz Bass 66年
特徴は65年からの引き継ぎでパドルペグで66年から始まったネックサイドに施されたセルバインディングとブロックインレイ。

Fender Jazz Bass 66年

S__4579347

誰もが憧れるヴィンテージ楽器…その数あるヴィンテージの中でも人の気があるベースFender Jazz Bass 66年
特徴は65年後期から採用されたパドルペグが搭載されている。パドルペグとは一般的なクローバー型ではなく、その形がカヌーのパドルの様な形が故にその名がついた、真ん丸でとても印象深い!そして66年中頃から始まったネックサイドに施されたセルバインディングと今ではお馴染みのブロックインレイだ!以外にもブロックインレイは70年代の象徴とされる事があるが、始まりは66年なのだ。

カラーもこの年からではないが64年後期ぐらいから~68年にかけてサンバーストに限り黄色みが強く黒と赤の部分が細くなっていて他のカラーにもこの60年代中期にはマッチング・ヘッド仕様も多く見受けられる。

裏話だがこのこのセルバインディングとブロックインレイが66年始まってすぐ変更されなかった理由だが、65年の後期には採用が決まっていたらしい…が、それまで製造していたドットインレイのネックのストックがあった為、ストックを一掃するために移行が遅れたという。その為か66年にはドットインレイにセルバインディング仕様の個体もみられる。

サウンド面も奥行きがあってややミッドレンジが広がった感じ、とたもスッキリとした音でとても好き笑

あわせて読みたい

コメントを残す