【絶対に失敗しない】定番ベースメーカー5選!~ 初級編 ~

これからベースを始めるあなた!
最初の入門セットを買ってそろそろ2本目を… と考えているあなた!
ベースは安い買い物ではありません!
新品で安過ぎる物は後で痛い目をみるものです…
買うからには絶対に失敗したくない…

そこで!

今回は絶対に失敗しないド・定番ベースメーカをぐぐぐ..ッと5選まで絞って紹介していきます!


No.1
Ibanez!

S__4661283
S__4661284

今海外で人気を得ているIbanez。Ibanez Bassの大まかな特徴は見た目がスリムで重量が比較的軽い。ネックも細く薄いため初心者でも扱い易く奇抜なボディシェイプや変幻自在のサウンドに定評がある。作り込みも上位機種はフジゲン製でそれ以外はインドネシア製だが下位機種も劣らずよくできている。
最近だとエキゾチックウッドなどを積極的に取り入れ、コストも抑えたworkshopのBTBやSRが目を惹く。

〜定番機材紹介〜

Gio Series
S__4661285

S__4661286

初心者にオススメGio Series GSR320!約2万5千円
定番中の定番!
これは2ボリューム1トーンのジャズべスタイルなパッシヴベースだ!最近はこんなに見た目高級感溢れる個体も存在する。(画像下)スマートなボディでネックも扱い易い、まさに初心者向けであろう!
後に欲しい形、出したい音がわかってくるまでは安いグレードを使ってベースに慣れる事も大事だ!それに関してはSR320でも申し分無いだろう!

新品で安過ぎる物は後で痛い目をみるものだ、気をつけて欲しい。

SR Series
S__4661287

SR 500
約6万5円
人気のSR Seriesからド定番のこのSR 500こちらはサウンドメイク多彩のアクティブ仕様!Bartolini MK0-1ソープバータイプのピックアップが2つマウントされている。定番と言うだけあり軽量、且つ安定のサウンドを持ち、ブリブリのエモいサウンドからバキバキのスラップサウンド、ファットで暖かいモータウンサウンドまで色々なサウンドメイクが可能!
初心者でもイキナリこっちを買ってしまっても大丈夫だろう!
5弦に持ち代えたいって人にもSR 505 5弦ベースが出ている。エントリーグレードとしても定番である!

ATK Series
S__4661288

ATK1200 Prestige
約13万円 (5弦は約15万円)

本器は数あるATK Seriesの頂点しかもPrestigeは国産である事の証である。
約20年程の歴史を持つATK Series 定番かと言うと微妙だがそのサウンドは有能なので紹介します。
ATKとはAttackの略で、名前の通り攻撃力の高いゴリゴリのロックサウンドを放ちます笑
勿論アクティブベースなのでイコライジングもできるので万能です!
本器の特徴はブリッジと一体化しているピックアップでしょう!
リアピックアップにはCAP-Double Humbuckerと言うハムバッカーが2つ搭載された形のピックアップになっていてファットでダイナミックなボトム、シャープでクリアなミドルで音のバラツキも少なく、
それぞれ切り替えができ、独特のサウンドを持ちながらもStingRayやジャズべのような音も作れるオールラウンダー!海外では人気があるようですね!
持ち代え時に検討してみては?


No.2
Bacchus !

S__4661289

販売元のディヴァイザーから出ているコンポーネントブランド Bacchus!豊富なラインナップで伝統的なスタイルを維持しつつも形やスペックを変え続け今尚進化している。
2015年から新しい挑戦を目論んだWoodlineは高級路線を開始!エキゾチックウッドをふんだんに使用した個体が魅力的。
ボディシェイプがややシャープでネックもシッカリしていてこれも扱い易い!国産ブランドだ!(製造は一部中国、フィリピンなど)

Universe Series
S__4661290

お馴染みUniverse Series WJB330!
約2万円
この価格でメイプル指板があるのは嬉しい!勿論ローズ指板からも選べるので好みで選んで欲しい!
伝統的なJBスタイルでパッシヴベース!同じく定番universe seriesのBJBと値段もあまり変わらないがボディがややスリムで初心者の方でも扱い易い、立って弾く時顕著に現れるだろう!

Craft Series
S__4661291

Craft Series WL 424
約7万〜9万円

JBスタイルよりディンキーシェイプでパッシヴベースで24フレット仕様。ブロックインレイがクールですね!
このシリーズは組み込みがカスタムラインから独立している為上位機種のWood Lineのスペックをそのままでコストを抑えたシリーズになる。下位シリーズと言っても馬鹿に出来ない組み込み精度と上位機種とパーツやピックアップまで同じものを使っている、更にトーンポットのプル/プッシュでシリーズ/パラレルにピックアップ配線を切り替える事ができるのでパッシヴながらパワフルな音も作れる。本当に馬鹿に出来ない恐ろしいシリーズである!笑

Hand Made Series
S__4661292

Wood Line DX4 AC!
約15〜17万円
はい!お馴染みの正真正銘のWood Line!
ある程度ベースを続けている人にはBacchusとはこのイメージが定着していないだろうか?笑
このシリーズにはお馴染みのオイルフィニッシュでアクティブベース!カラーバリエーションも豊富でブリッジにはGotoh SJ404が搭載されている。
素直なサウンドだが低音が結構シッカリとでる、そしてシングルピックアップのシャープに抜ける感じは流石!ポテンシャルを秘めたベースだ!指板もエボニーを使っているのでレスポンスもかなりいいし真っ黒感じがクール!手に取って体感してみて欲しい!


No.3
FGN(フジゲン)

S__4661293
S__4661294

フジゲン(富士弦)1960年設立の日本を代表する老舗楽器メーカーです!
老舗だけあって信頼度が高く色んなメーカーの外注先としての顔もあるFGN。木工、組み込み、塗装、仕上げと全行程が良く行き届いている、俗に言う”造りのいい”楽器だ!
トラディショナルなスタイルに独自のシステムを採用するなどして現代でも国内外問わず人気を得ているメーカー。
フジゲン特許のサークル・フレッティング・システム(CFS)は特に反響を呼んでいる。

島村楽器コラボレーション
S__4661295

JJB6R
約6万円
今や全国展開しどこにでもある楽器屋 島村楽器とのコラボレーションシリーズで低価格帯ながら、その造りはFGNその物、勿論CFSも装備されている!オーソドックスなジャズべタイプで2ボリューム1トーンのパッシヴ。この価格帯でここまで造りが良くて音色も十分な楽器はそうそうない1本1本の精度が高いFGNだからできる技だ!
プレべタイプもラインナップしているぞ!
このシリーズは+1万円前後で買ってすぐ使える初心者セットが着いてくるので大変便利だ。
Amazonでも購入できる。

Neo Classic Series NJB100
S__4661296

同じくNPB100
S__4661297

約8万円
フジゲンと言えばNeo Classic Series!
この価格帯で他の上位グレードに劣る事ないクオリティの高さで今も尚人気のシリーズ。王道のジャズべスタイルで勿論パッシヴベース!ナチュラルでジャズべタイプのパッシヴならではのふくよかなLoにシャープなHi CFSの効果でピッチもよくハイフレットのフィンガリングがとてもスムーズ!
最初の1本にも2本目にも3本目にもオススメできる信頼とクオリティ。
ジャズべかプレべかはお好みで!

EXPERT DIRECTOR Series
S__4661298

EDR-4
約17万円
現在のEXPERT SeriesはEMJベースがFGN最上位機種となっている。このEDRはFGNの通常ラインナップで唯一のアクティブベースになっている。
Top材には上品なフレイムメイプルが貼られていてネック幅がプレべ並みに広い、よって強度が増しサウンドも図太くなる。
そしてこのEDRの面白いところはピックアップにある!アクティブ/パッシヴの切り替えができ、モダンなサウンドは勿論、楽器本来の”木材の鳴り”がを充分に活かしたナチュラルサウンドまでアクティブサーキットならではの多彩な音作り、コントロール部のミニスイッチだが1つ目はフロントをハムで出力するかシングルで出力するかのタップスイッチ。
もう1つはリアなんですがこのリアピックアップはネック側のシングル、リア側のシングル、どっちか1つを出力するタップスイッチになっています。タイトな音が欲しい時はリア側にタップ、ウォームな音が欲しい時はネック側にタップ、など場面によって切り替え出来るので便利です!
このEDRの在庫が無くなり次第販売終了との事で現在殆ど見かけますんがネットでは数少ないですが販売してます!
もし中古で見かける事があれば実際に弾いてみて下さい!気に入ると思います!


No.4
YAMAHA

S__4661299
S__4661300

一度は何かしら聞いた事があるだろうYAMAHA国内外問わず名の知れた楽器メーカーだ!特徴はそのモダンな体に吸い付く様なボディシェイプや独特のサウンドを生み出すオリジナルのピックアップである!シリーズ事に異なるピックアップが出てたりなど面白いメーカーだ!バリバリのロックやお洒落なジャズ、はたまたテクニカルなフュージョンなど様々なジャンルで良く見る事から使い方次第でどんなジャンルにも化ける事のできるベースだ!

BB Series
S__4661301

BB424
約5万円

YAMAHAと言ったらなんと言ってもこのBB Seriesが頭に浮かぶだろう!このケツデカで丸っこいシェイプが特徴的で記憶に残りやすい。BB424はエントリークラスで定番なベースだ。
BB Seriesは1977年から製造されて今でも人気のある信頼出来るシリーズです!
ピックアップもパッシヴのPJ配列、それもYAMAHAオリジナルピックアップと相まってパワフルにクリアーなサウンド!
このタイプはコントロール部のスイッチでフロント、リア、ミックスのピックアップ切り替えができ斜めにカットされたボディ底部から45度の角度で弦を通す”ストリングスルーボディ”も採用されています。この事で音の振動を効率的に伝えてる事ができます!

BB Series
S__4661302

BB1024X
約10万円
同じくBBシリーズからBB1024X。
本気は”BB424X”の一個上のグレードでこの機体も定番中の定番!5弦ベースを始めたい!って人もこの5弦ベース版のBB1025Xで始める人も多いほど定番だ!
424に比べ1024Xはストリングスルーボディは勿論だがブリッジが異なりボディには”スプラインジョイント”を採用!ボディ鳴りがより良くなっています!ピックアップもオリジナルでフロントがアルニコ、リアがセラミックを使う独特な考えで指を置きやすいように設計されている。
レスポンスがよく骨太で芯の詰まったミドルに繊細なタッチも損なう事なくアウトプットしてくれます!バンドでシッカリと存在感をだせるので出来るのでアンサンブルのボトムを支える事が出来ます!
非常に使い易いベースですね!

TRB Series
S__4661303

TRB1004J
約10万円

今やBBと肩を並べ人気のあるTRBシリーズ。
BBとは違いアクティブサーキット搭載のベースだ。さすが国産老舗ブランド音像がハッキリしていて音作りも多彩で癖のないナチュラルサウンドからバキバキのスラップサウンド、ファンクやゴリゴリのロックサウンドまでカバーできる!このTRBはTop材にキルトメイプルを貼ってる個体もあるので見た目もかなりクール!24フレット35インチのスーパーロングスケールなのでバンドでソロプレイで活躍するでしょう!
意外と在庫数の少ないTRBシリーズ!
もし欲しいと思った方はお早めに!


No.5
Fender

S__4661304
S__4661305

言わずと知れた有名メーカーFender、初心者の方も知っておいて欲しい。
ジャズベース・プレシジョンベース始まりのブランドでこのFender社が無ければ今のエレクトリックベースの形はもっと違う物だったかも知れない。今日まで色んなメーカーがこのベースを基準に製作しているこれぞ王道中の王道だ。

Squier by Fender Affinity Series
S__4661306

Affinity Jazz Bass
約3万円
Squier by Fenderはエントリークラスとして定番中の定番!パッシヴで2ボリューム1トーンの王道のジャズベース、このベースに慣れとけば他のベースに持ち変える時もスムーズに持ち変えられるだろう!Squierはカラーバリエーション豊富で割高になるが”初心者セット”などが着いてくる場合もあるため、始めるにはこのベースで間違い無いだろう。
ラインナップにはプレべも存在する。

Fender Japane
S__4661307

Aerodyne Jazz Bass
約8万円
これも定番中の定番!人気のFender Japane(Fender Exclusive)。
その中でもAerodyneはアーチトップでボディサイドのバインディングがオシャレ!
ピックアップ・レイアウトもPJ配列でフロント・リアボリュームが独立している為好みでコントロールすればタイトなサウンド且つシッカリとしたローの出せる起用なベースである。
ボディのアーチがプレイアビリティを向上させているバランスの取れたベースで人気の高い1本!

Fender USA
S__4661308

American Standard Jazz Bass
約15万〜23万

スタンダードの頂点アメリカン・スタンダード通称”アメスタ”このベースは特化や在庫処分、キズ有りなどでお店により値段がバラバラなので”いい個体”を探す旅に出るのもいいぞ!(筆者もアメスタのプレべを旅の途中でゲットした物だ笑)
勿論アルダーボディにメイプルネック、ローズ指板のパッシヴベース!王道のお馴染みの定番です笑
スタンダードと言うだけあって持った感じはグラフで言う中点 正にスタンダード!笑
更にアメスタはブリッジが表通しと裏通しが出来る為自分にあった弦の張り方もできます!
ピックでも指でもスラップでも、色んなスタイルの人から支持のあるこのアメスタ、間違いなく持ってて戦力になるでしょう!

※2016年後半からAmerican Professionalにに受け継がれました!通称アメプロ!

あわせて読みたい

コメントを残す