【おすすめベース】Sadowsky Japan

Sadowsky TYO・ Metro Line Series

Sadowskyと言うメーカー、ベースを弾いてる方なら聞いたことはあると思います。無いよ!と言う方は是非知って欲しいので、この記事をしたためました。

現在Sadowskyと名のつく’ベース’はSadowsky NYC・ Sdowsky TYO ・Sadowsky Metro Lineの3つです。その内の Sdowsky TYO ・Sadowsky Metro Lineは日本での生産になっております!(TYOは現在は一部受注生産のみ)

本家はSadowsky NYC(ニューヨーク)

創始者Roger Sadowskyが1979年設立のリペアショップが起源でスタートしたメーカーでMarcus Miller氏が所有するFender ’77年製のJazz Bassをアクティブベースへと改造した事で有名である。
そんな彼の下でキャリアを積んだ方がいる。
菊池嘉幸氏 現Japan Sadowskyとその工房の代表チーフルシアーである。
世界で名だたるSadowskyの名を語る事を許された方で、そのノウハウに基づき日本でもSadowskyを生産しているのです。

特徴は完全なるFender respectのシェイプだがSadowsky オリジナルシェイプのディンキー・シェイプとなっている。
このシェイプはFenderのシェイプに比べやや小さめに作られている。その為体にフィットして演奏面で格段と弾きやすなる。
そして目に見えない特徴、まずネックにはカーボンレインフォースメントが入っています、これによってネックの強度もあがり、個体のデッドポイントも低減する事ができます、
そしてボディ、実はこのモデルはソリッドボディなのですがSadowsky本家NYCにはこんな物が存在します。(TYOにも採用された個体があります)
“ダブルチェンバース加工”

ダブルチェンバース加工とは、ボディの両カッタウェイ付近をくり抜き空洞を作ってあるのです!
ホロウボディとはまた違います。
例えるならカップに入ったプリンをボディだとするとプリンの表面をスプーンで一口すくう感じです……。

わかりづらい!!!

カッタウェイにキャビティを設ける用な感じですわ、(最初からこう言えば良かったw)

そうする事でウェイトも軽くなり生鳴りや響き方が変わりより振動が伝わり易くなります。

なぜNYCの事まで語るのか……、喋りたかったのだ。w

これは1ボリューム、バランサー、2トーンでアクティブ、パッシブが切り替えられるタイプだ
(あえてスタックノブについては触れない笑)

コメントを残す