Darkglass ElectronicsよりElement Cab Sim & Headphone Ampがリリース!

Darkglass ElectronicsよりElement Cab Sim & Headphone Ampが発売決定!すでに話題となっているElement Cab Sim & Headphone Ampですが、どのような機能が搭載されているのでしょうか。

Darkglass Electronics Element Cab Sim&ヘッドフォンアンプ

 

非従来型のデバイス

Hyper Luminal Compressorで使用されているタッチセンサー技術に触発されたこの非従来型のデバイスは、前面は完全なゼロノブながらもコンパクトに纏め上げたIRキャビネットシミュレーターと様々な接続を可能としリスニング環境を改善するヘッドフォンアンプとして機能します。またDIとしても機能するので作成したキャビネットシミュレーションをレコーディングやライブでそのまま使う事ができます。非常に洗練されたデバイスです。

Darkglass Suiteを使用してさらに多くの機能を追加でき、キャビネットはギターとベース各種ダウンロードし本体には5つまでバンクが備えられています。更にBluetooth接続が可能になった事で曲やトラックの再生が非常に楽で簡単になりましたAUX Inは別の入力に使えそうです。(HPによるとキーボードなど)

  • 5つのインパルス応答スロットとバイパス設定
  • アンプ使用時のスピーカー接続用パッシブスピーカー出力
  • マイクプリアンプ、PAなどに接続するためのバランスXLR出力
  • パラレル出力:Elementとアンプを使用する場合のスピーカー接続用のパッシブ出力。
  • 個別のボリュームコントロール付きの2つのステレオヘッドフォン出力
  • Aux In:3.5mmステレオ入力により、スマートフォン、ミキサー、キーボードなどのバッキングトラックを練習できます。
  • Bluetooth:ステレオオーディオ(A2DP)。Darkglass SuiteでBluetooth経由のインパルス読み込み。
  • 機器/ライン/アンプ入力減衰:0dB、-12dB、-30dB最大。900Wアンプを入力に接続可能(外部負荷あり)
  • ダイナミックレンジ:105dB(A-weighted)/サンプルレート:48kHz
  • 解像度:24ビット変換/遅延:2.2ミリ秒

Element Cab Sim & Headphone Amp

 


 

 

あわせて読みたい

コメントを残す