【絶対失敗しない】コンプレッサー5選!-初心者の方にもオススメ!-

初心者の方にもオススメとしていますが、現役のプロの方々も愛用し、恐縮ですが僕自身も「使いやすい・いい音」のコンプを厳選して5つに絞りました!非常に悩みましたがいいチョイスが出来たと思いますので最後までお付き合いください!

 

EBS / MulchiComp

通称:マルコン。プロ、アマ問わず、世界中で好評を受けている定番コンプレッサーです。ペダルコンプを比較する時の基準となるコンプの一つでもあります。
中央の”MODE”スイッチから”NORMAL”/”MB”/”TUBESIM”のタイプを選択し”Comp/Limit”と”Gain”でコンプをかけていく簡単なコントロールで、ソフトなコンプからハードなリミッターサウンドをメイクできます。
“MODE”スイッチの”TUBESIM”は真空管の厚みと温かみをシミュレートしておりこの音が”Multi Comp”を確立しているのではないでしょうか。
“MB”は”Multi Band”の略で裏蓋を開け右上部にある2つのトリムをいじれば”Lo”と”Hi”の”Threshold”を設定できますが、”TUBESIM”の方がわかりやすいので設定は”TUBESIM”をオススメします。

コントロールも簡単で効果もわかりやすくまよったらまずお試し下さい!

※リニューアルされた「ブルー・ラベル」シリーズでは前面にSENS.コントロール(Threshold) が追加されたのでもう少し細かく設定を弄れます。今回は定番の音を確立した旧タイプを紹介しました。

 

K&R  / Groove Comp

通称:グルコン。「縁の下の力持ち」的な存在で、ナチュラルなかかり具合に定評のあるK&R Groove Comp.

自然なコンプ感は癖がなく楽器がもつ個性を最大限に活かします。Susutainを上げていくと徐々にコンプの色が強くなっていきますが、崩壊することなく音に太さが増し艶が出てきます。わかりやすい変化、ハードなコンプレッション感を求めている方には物足りないかもしれませんが右手のタッチを活かしつつ、ナチュラルなコンプで自然な太さが欲しいかたには確実にオススメです!

 

JAM Pedals / Dyna-ssoR BASS

ヴィンテージコンプであるROSSとMXR Dynacompにインスピレーション受けハンドペイント・ハンドメイドにて制作されるギリシャ発のブランドです!

まずデザインが可愛いですね!Sノブ(sustain)がコンプ量を決めるコントロールになりコンプを強めていくと線が太くなり、パコンとしっかりめのコンプ感があります。LはLevelですのでコンプ量により音量の調整になります。コンプってこれだよね!って感じの漢気ある音色です!最もシンプルで効果もわかりやすくクリアで太い、、、かなり直感的でこの音が癖になります!ピック弾きやスラップなど印象的なパンチが欲しい方は是非、お試しください!

 

ALBIT / GREAT COMPRESSOR GC-3 Mark II

 

ルックスに玄人感漂うALBIT GREAT COMPRESSOR GC-3 Mark II、これもまたシンプルなコントロールが見て取れます。

このコンプはコストパフォーマンスに優れていますが、音質も良いという超オススメコンプです!

Compノブを上げていくと徐々にコンプレッション感が出てきますが過度な色付けがなく原音に近いまましっかりとコンプレッションがかかります!Comp EQスイッチはBass/Gt/Flatと音色に変化を加えられます!スイッチを”Gt”ににするとミッドが立ちいい音がします!EQスイッチはお好みでどうぞ!

大きさも手のひらサイズでコンパクトなのでボードを圧迫しません!ALBIT製品はどれも信頼できオススメです!気になった方はこれよりもう少し柔軟にコントロールできるALBIT GC-1 MARK IIもチェックしてみて下さい!

 

Limetone Audio / FOCUS-NX

 

LimetoneのFOCUS-NX、これは中々面白いコンプです!まず見た目がオシャレでカッコよく現代的ですよね!

コントロールはCompression/Color1/Color2/Level/GainとなりコンプはCompressionノブを上げていき好みのポイントを探すスタイルです。そしてColor1/Color2がLo-mid/Hi-midのEQになっておりしっかり潰してもミドルを際立たせてくれます!ガッツリスラップする方やリアでポコポコとした音色のFunkにも向いてますが、広いジャンルで使える印象があります!Level/Gainのコントロールが独立しているところも◎!音の変化もわかりやすく、コントロールもシンプルなので、かなり直感的な音作りが可能です!こちらも要チェックコンプです!

あわせて読みたい

コメントを残す