Darkglass ElectronicsがEXPONENT 500を発表!

 

e500

本日Darkglass Electronics公式より新たなヘッドアンプe500が発表されました。

コンプレッサー、ディストーション、モジュレーション、プリアンプ、インパルス応答などを備えた、成長を続けるDSPライブラリーを備えています。
Exponent 500は、オーディオインターフェイス機能と500Wの大音量で超クリーンな電力を備えており、あらゆる分野で非常に優れたソリューションです。

開発には2年以上かかったようです。

 

 

私たちはいつもきれいな頭を切望していました。「箱から出して」、追加の効果のないアンプであるデバイス。シンプルで直感的で、私たち一人一人がプロジェクトとスキルにより良いサービスを提供する洗練されたレイヤーを明らかにすることができます。Exponentは、Powered Platformと呼ばれる新しい概念です。接続すると、プロのベーシストが必要とするすべてのコンポーネントを備えた完全にプログラム可能でプリセット可能なシグナルチェーンを備えたマルチエフェクトに変わります。

 

EXPONENT 500

 

 

仕様

Input

標準の¼インチモノラルケーブルを介して機器を接続します。

Quick-Pots

Exponent 500のフロントパネルには5つのクイックポット(a、b、c、d、e)があります。

デフォルトでは、これらのポットはAmpEQの4つの周波数帯域とプリセット固有のコントロールにマッピングされています。

Darkglass Suiteでは、クイックポットをシグナルチェーンのエフェクトから選択した5つのコントロールに自由にバインドできます。

Master

アンプの全体的な音量を制御します。

Preset

プリセットボタンを押すと、プリセット1〜5とバイパス信号が切り替わります。現在のプリセットは、プリセット番号の横に1つのLEDで表示されます。e500をバイパスすると、すべてのプリセットLEDが薄暗い白色で表示されます。プリセットボタンを長押しして、Bluetoothペアリングを開始します。ペアリングがアクティブな間、すべてのプリセットLEDは白く点灯します。

Mute

e500がミュートされると、すべてのプリセットLEDが薄暗い赤色で点灯します。

DIMENSIONS

21×17.5x6cm / Weight: 1,65kg

あわせて読みたい

コメントを残す