初めての5弦ベースおすすめ”5選”!【エントリーグレード】

皆さんこんにちは!前回は5弦ベースについて少し触れました!

そこで今回は”5弦ベースを始めよう”と言う方にエントリーグレードながら戦力になりオススメできるベースを5本に絞り紹介したいと思います!
それでは早速紹介していきます!

おすすめ5弦ベース一覧

Bacchus IKEBE ORIGINAL HJB5 STD!


約6万円
イケベ楽器さんオリジナルであるHJB!

このHJBの強みはこの価格帯ではまずありえない程のクオリティ&コストパフォーマンスの高さ!

シースルーカラーのアッシュボディにメイプル指板、上位機種に良く見られるブロックインレイに指板サイドのセル・バインディング!

Treble・Bassの2バンドイコライザーを搭載したアクティブ仕様で音作りも文字どおりアクティブに行えます!

純正でピックアップ・フェンスがマウントされている事も魅力の1つです!

カラーバリエーションも豊富で5弦ベースを始めるに申し分ないシリーズです!

Ibanez SR505


約8万円

SR505は比較的リーズナブルながら演奏性の高さや多彩な音作りが出来る事で5弦ベース入門の定番機種と言っても過言ではないベースです!

小振りなボディでネックグリップも細くて薄い為、フィンガリングをスムーズに行え、扱い易い事を強みとします!手の小さい人にもオススメできますね!

指板には通常のジャズベースタイプよりもフレット数の多い24フレットまで打ち込んであるので今までに出来なかったアプローチやフレーズ、コードボイシングの幅が増えるので自身の引き出しの強化も図れます!

Sire Marcus Miller V7 5st


約7万5千円

パーフェクト・ガイこと”マーカス・ミラー”氏が監修したNew Brand “Sire” (サイアー)

これからベースを始める方々に”質の良いベースで練習して欲しい”と言うコンセプトの元、材からピックアップ、プリアンプの効き具合までマーカス・ミラー氏が2年もの歳月を費やし事細かく監修!

初心者に向けたエントリーグレードながら、海外ではプロのミュージシャンにも支持のあるブランドです!

アクティブ/パッシブの切り替えもでき、マスタートーン、3バンドイコライザーに加えミッド・フリークェンシーまでコントロール出来る優れもの!モダンからいなたいサウンドまで使い勝手抜群です!
日本ではまだ流通が盛んではありませんが、Sire Japan HPやSamickさんデジマートさんで探すと良いと思います!

V7は在庫がすぐ無くなる可能性が高いのでご注意を!

Carparelli CF-5


約8万5千円
カナダにて2006年に設立された”Carparelli Guitars”!日本では一部にしか知られていない印象があるので紹介します!

シングルカットのマホガニーボディにバールメイプルトップに24フレット仕様のハイエンドライクな見た目で他を圧倒するコストパフォーマンスを実現!

ピックアップにはオリジナルのハムバッカーを二基マウント!

コントロール部もシンプルにボリューム&バランサー、3バンドイコライザーのアクティブサーキット!

かなり実用的なベースです!

この価格でここまで高級感漂うベースは正直あまり無いと思いますね!

G&L L-2500 tribute


約10万円

人気のG&L L2000の5弦モデルL2500!

そのTribute Seriesです!

Magnetic Field Design Humbuckingを2基搭載し、スラップ、フィンガー、ピック、とどんなプレイスタイルにも対応してくれます!

この機種の大きな特徴は一見シンプルなコントロールながら何通りもの音作りを可能にした3つの”ミニ・トグルスイッチ”ですね!

ピックアップセレクターにアクティブ/パッシブスイッチ、シリーズ/パラレル、ハイ・ブースターまで瞬時に切り替え可能!

“プレベ・ジャズベ・スティングレイ”サウンドをカバーする使える1本!真のオールラウンダーではないでしょうか!?

持っていて損は無いベースですね!

今やスタンダードになりつつある”5弦ベース”

昨今では5弦ベースもお手軽に手に入れる事ができ、ベーシストにとって5弦ベースはスタンダードになっているのではないのでしょうか。

“たった”1本”弦が増えただけでこんなにも違うのか…!”

そう思えたならあなたはもう多弦ユーザーから抜け出す事が出来ないかもしれません!

ベーシストよ、変態であれ!

Bass-info!

あわせて読みたい

コメントを残す