Free The Tone『BLACK VEHICLE』

 

FREE THE TONE創立15周年プロジェクト「Integrated Series」の第二弾として発表されたベースドライブペダル『BLACK VEHICLE』( BV-1)

今やベース用のペダルが色々出回るようになってきましたがこの”BV-1”はたして使い心地はいかに!?

某楽器店さんにて触らせて頂いたので軽くレビューをしたいと思います!

コントロールは割とシンプルに:LEVEL、MIX、BASS、TREBLE、GAIN、POST BOOST、PRE BOOST

Gainで歪量を決めてMixノブで原音にどれくらい歪を混ぜるか調性します。EQのBASS、TREBLEは原音には作用されずDrive音にのみ作用するEQでBASS、TREBLE共にわかりやすい効き方でコントロールし易いですが上げ過ぎるとモワッとしたりシャリシャリし過ぎるので少しずつ足して使うと良いですね!この辺りはGainと一緒に微調整してくと狙った音にたどり着きやすいです。

Boostスイッチは正直あまり使わなくてもいいかな?って気もしましたがこちらは個人的な意見。無くても十分使えますが、確かに音作りの幅は広がります。

直感的に弄れるので音作りは楽しいですが、ゴリゴリに歪ませてド派手なディストーションサウンドで使うよりかは、ナチュラルに歪ませて輪郭を強調するのに使う方が向いていると思いました。スラップをする方にもオススメしたいですね!

Lineでの宅録などでもアンプライクな歪が欲しいときにも使えるのではないでしょうか!

値段はそれなりにしますが、使い勝手は直感的で長い事戦力として使えると思うので初心者の方でも有りだと思いました!お財布と相談してください笑

 

Amazonで購入

 

-下記メーカーサイトより-
FREE THE TONE 創立15 周年プロジェクトとして、私達がこれまでに培った豊富な知識や経験、そして確かな技術力とセンスを駆使し、エフェクターを構成する全ての要素を選別統合し「理想のサウンドを形にする」というコンセプトの基に「Integrated Series」の開発プロジェクトはスタートしました。記念すべき「Integrated Series」第二弾は「ベースドライブペダル」です。
『BLACK VEHICLE』には、今回ベース用として新たに開発したHTS 回路を採用しました。FREE THE TONE 製品の代名詞であるHTS 回路は、音痩せを防ぎ、エフェクターON/OFF 時の音の質感を揃え、入力された信号を最適な状態で後続の回路へと出力します。

また、新設計のEQ 回路とMIX 回路も搭載されています。TREBLE、BASS のEQ 回路はドライブサウンドのみに掛かります。原音(ドライ音)は加工されない状態で、MIX回路にてドライブサウンドとMIX されます。このEQ 回路とMIX 回路により、信号の位相ズレを最小にし、ドライブさせても音が引っ込むことがなく、音程感や音の輪郭がある極上のドライブサウンドを実現しました。
BOOST 機能は、オーバードライブ回路へ送る音量を調整する「PRE BOOST」と、出力する音量を調整する「POST BOOST」の二種類があります。BOOST した際に音質を変えずに音量のみを大きくする、または、音量は変化させずに歪みの量を増やす等、幅広いサウンドメイクが可能です。

『BLACK VEHICLE』は、真空管アンプをドライブさせた様な煌びやかな倍音と、伸びやかなサスティーンを持ち、そして心地よいドライブサウンドを生み出します。まさに、アンプライクなワイドレンジサウンドを実現しています。ナチュラルなオーバードライブサウンドから、強烈なディストーションサウンドまで、一台でカバーする『BLACK VEHICLE』のサウンドを是非体感してください。

http://www.freethetone.com/products/effects/bv1v.html

あわせて読みたい

コメントを残す