FRETWRAPSとは?ミュートの苦手な方におすすめ!

GRUVGEARから出ているFRETWRAPSについて紹介しています。タッピングやスラップを多用するテクニカルベーシストや、タイトな音作りを目指したいベーシストの方は是非参考にしてください!

FRETWRAPSとは?

S__4661251

GRUVGEARさんから出ているFRETWRAPSをご存知でしょうか?

よくベースやギター、特に多弦ベースを使っている方のネックにつけて演奏しているのを見かけますが、どういった効果があるか知らない方も多いのではないでしょうか?

今回はFRETWARPSの役割を大きく2つに分けて紹介します!

ベースのミュートを助ける

S__4661252

FRETWRAPSはその名の通りFRET(フレット)をWRAP(包み込む)という道具です。

開放弦やハーモニクス、タッピングを行うときなど、意図せずに余計な音が鳴ってしまう場合がありますが、FRETWRAPSを使えば今自分が押さえているフレットの音以外はミュートしてくれます!

特にタッピングの時はミュートを意識しますが、FRETWRAPSを使えばミュートに気を取られ過ぎることが無くプレイに集中できます!

音色をタイトにする

S__4661253

実はFRETWRAPSにはもう1つ効果があり、画像のようにヘッド側のネックに軽く装着するだけで音色をタイト気味にできます。

これはヘッド側の振動を押さえて倍音、正確には奇数倍音を減らすことで音像を通常よりも明確にしてくれるためです。

ダウンチューニングをして演奏する方や、音が広がり過ぎてアンサンブルに邪魔な音が入っていると感じている方にはぜひ一度試していただきたいです。

FRETWRAPSのサイズ

FRETWRAPSにはサイズが4種類あり、それぞれ弦の数によって対応しています。

SM(Small)

1番小さいサイズで、4弦用になります。

エレキギターやアコースティックギターにも対応しています。

Amazon で購入 SOUND HOUSE で購入

MD(Medium)


こちらは5弦用です。

クラシックギターや7弦ギターにも対応しています。

Amazon で購入 SOUND HOUSE で購入

LG(Large)

6弦用になります。

5弦ベースでも幅広なネックを採用しているのであればこちらがいいでしょう。

Amazon で購入 SOUND HOUSE で購入

XL

1番大きいサイズで6弦以上のベースにも対応しています。

長さは調整できるので、6弦をメインで使う方はこちらがいいかもしれません。

Amazon で購入 SOUND HOUSE で購入

その他にも豊富なカラーバリエーション


Gruv Gear はサイズに加えてベーシストが自分にスタイルに合わせて選べるよう豊富なカラーバリエーションを取り揃えています!

Amazonで見る

まとめ

FRETWRAPSの紹介記事はいかがだったでしょうか。

ライブやレコーディングで重宝しますし、何より付けているだけでも格好良さが増します!笑

テクニカルベーシストはもちろん、キレのある音を求めたい方にも是非おすすめしたいアクセサリーです!

あわせて読みたい

コメントを残す