Overloud Mark Studio 2 “Markbassアンプエミュレーションプラグイン”

【高品質な”Markbassプラグイン”】

OverloudからリリースされているプラグインMS2、Markbassアンプ&キャビネットをエミュレートしたプラグインです。アンプのコントロールはもちろんキャビネットからマイクとマイキングポジション部屋鳴り等、細部にまでこだわって再現されています。Lineでの宅録などでかなり役立ちますし、プリセット豊富なので重宝します。

 

各マイク/キャビネットの組み合わせは、最高のイタリアのサウンドエンジニアによってハイエンドスタジオで録音されています

複数のマイクを同時に使用できます:メイン(ウーファー)、ツイーター、および該当する場合はリアバスレフ(ポート)。マウスを1回クリックするだけで超深みのあるサウンドを実現するウルトラベース周波数コントロールに一流のエンジニアとMarkbassアーティストによって設計された大量のファクトリープリセットが内蔵されておりこれらのコントロールは非常に低いCPU使用率で機能します。

 

 

Overloud MS2

 

6つのヘッドと9つのキャビネット

HeadAmp

・TA501 500W Bass Head

・Classic 300 300W Tube Bass Head

・R500 500W Bass Head

・Little Mark Tube 500W solid state/tube Head

・TTE 500 500W tube Head

・MoMark with T1M-HE preamp, EQ7G tone control and MVVL-HE master control

 

CABINETS

・3 COMPACT CABINETS

・Markbass STD 151HR, 1X15″ rear-ported cabinet
Markbass STD 104HR, 1X15″ rear-ported cabinet
Markbass ​STD 104HF, 4X10″ front-ported cabinet

・3 LARGE CABINETS

Markbass STD 152HR, 2X15″ rear-ported cabinet
Markbass STD 106HF, 6X10″ front-ported cabinet
Markbass Classic 108, 8X10″ sealed cabinet

・3 NEODYMIUM CABINETS

Markbass New York 804, 4×8” front-ported neodymium cabinet
Markbass traveler 121H, 1×12” front-ported neodymium cabinet
Markbass New York 122, 2×12” front-ported neodymium cabinet

 

マイクは7種類からチョイスでき、マイクの距離、ポジションを決められます。Roomコントロールでは部屋鳴りをプラスできるのでリアルなMic Recが再現できます。

 


  • 6つのトップクラスのMarkbassアンプモデル:TA501、R500、Classic 300、TTE500、Little Mark TubeMoMark
  • 9 Markbassキャビネット:STD 151HR(背面ポート1×15 “)、STD 152HR(背面ポート2×15″)、STD 104HR(背面ポート1×15 “)、STD 104HF(前面ポート4×10″)、STD 106HF(前面ポート) 6×10 “)、Classic 108(8×10″シール)、Traveler 121H(前面ポート1×12 “)、New York 804(前面ポート4x”)、New York 122(前面ポート2×12 “)
  • オクターブ、エンベロープフィルター、ベースコーラス、ディストーション、コンプレッサーを含むフルペダルボード
  • 6つのマイクロフォンの選択、および2つのフロントマイクロフォンのプリセットの組み合わせ
  • 非常に柔軟な信号経路により、ダイレクト(プラグイン)入力、ラインアウト(アンプダイレクトアウト)、およびマイク出力レベルのバランスを簡単に設定できます。

あわせて読みたい

コメントを残す