SLAMPEGG BEE PRE X by Sushi Box

Ampeg B-15Nに基づいた Tube Preamp

SlampeggBee Preは、伝説的なAmpeg B-15Nのプリアンプに基づいていますが、私よりもAmpegについてよく知っている人々からの入力に基づいており、B-25とより密接に関連しています。コントロール:ボリューム、トレブル、ベース、マスター、ウルトラハイ、ブライト、ウルトラローXシリーズSlampeggBee Preには12AX7チューブが付属していますが、他の12A * 7チューブを使用してゲインを下げることができ、5751のようなものは、6SL7と同じ球場に入るのにほぼ適切なゲインレベルになります。 B-15。ハモンド125Bエンクロージャーに入っています。

Sushi Box

 

Controls / Spec

・Volume/Master

・Treble

・Bass

・Gain

・Ultra Low switch

・Ultra Hi switch

・12AX7 tube×1搭載

・9~12V input /center negative or center positive inputs(12v 350mA以上推奨)

・color選択:筐体、ノブ、LED

———————————————————————————————————————————–

スペックはマイナーチェンジを繰り返していますのでジャック取付位置、コントロール、コントロールレイアウトが異なる物もあります。

注文時に筐体、ノブ、LEDのカラー選択が可能ですので、お好みでカスタマイズが出来ます。

この個体は以下の内容で選択されています。

・Custom Pedal Color Custom Color: Rainbow’s End w/ simple artwork

・LED Color: Green

・Knob Color: Red

 

無骨なサウンド

サウンド傾向ですが、単体では物凄く無骨です。竿やその他ペダルと組み合わせればモダンな音色もいけそうですが、LoFiでオールドスクールなサウンドが得意な印象です。

Bass/Treble、Ultra Low /Ultra Hi のコントロールは単純な低音と高域のバランス調整ですのでシンプルに使えます!

そしてGainとVolumeはドライブ感と音量を調整するという直感的な操作性です。

やはりB-15Nに基づいたエフェクターなのでプレべとの相性はいいように思います。2021年9月にリニューアル前のメーカーWEB、サウンドテストでもプレべで録音されていました。(2021/9月リニューアル)

 

 

Sushi BoxからTube D.I”Finally”リリース!

 

Sushi Box SBVTプリアンプ!

あわせて読みたい

コメントを残す