ベースのチューニングのやり方まとめ

ベースのチューニングのやり方について掲載しています。チューナーを使う方法とハーモニクスを利用する方法を紹介、おすすめのベースチューナーも紹介しているのでベーシストの方は参考にしてください。

チューニングとは

そもそもチューニングとは何故やらなければいけないのでしょうか?

ベースの弦を何も押さえずに4弦(太い方の弦)から順番に鳴らしていくと、

4弦E/3弦A/2弦D/1弦G

上記の音が鳴るのが正常なベースの音ですが、演奏しているうちにベースのチューニング(音程)がどんどんずれてしまい、他の演奏と合わない気持ち悪い音になってしまいます。

他の演奏とのズレを防ぐためにも、演奏前やレコーディング時にはこまめにチューニングをするのが大事です。

チューナーを使ったチューニングの方法

一般的なチューニングは、チューナーと呼ばれる機械を使って行います。

チューナーの種類はクリップ式のものやエフェクタータイプのものもあるため、自分が使える場面が多いものを選びましょう。

例としてこのページでエフェクタータイプのチューナーを使った方法を掲載します。

ベースをチューナーとシールドで繋ぐ

まずはベースのボリュームを下げて、ベースとチューナーをシールドでつなぎます

繋いだ後に、チューナーの電源を入れてベースのボリュームを上げます。

1弦を弾く

続いて、1番細い弦(1弦)を弾いてみましょう。

音を鳴らすとチューナーがGという表示に変わり、中心の緑から左または右に赤いゲージが出ると思われます。

左に赤いゲージが出ているのであればベースの音が低いので、1弦に対応しているペグを少しづつ締めます。

右に赤いゲージが出ているのであればベースの音が高いので、1弦に対応しているペグを少しづつ緩めます。

ペグの微調整をして、音を出したときにゲージが中心の緑でピッタリと止まったら完了です!

すべての弦を合わせた後に再度チューニング

上記の方法で4弦までチューニングを合わせたら、再度1弦からチューニングをやり直しましょう。

ベースの構造上の問題で、合わせた弦のチューニングが少しずれているので何度も微調整を重ねましょう。

また、チューニングは必ずペグを締めて終わらせましょう。ペグを緩めてチューニングを終えてしまうと、演奏中にチューニングが狂いやすくなります。

チューナーを使わないチューニング方法

ハーモニクスを利用する

ベースの特定のフレットに軽く指を触れて、音を鳴らす瞬間に指を離すと「ポーン」という高い音がなります。

この音はハーモニクスと呼ばれ、ベースの演奏で取り入られる奏法の1つです。

ハーモニクスはフレットによって鳴る音が決まっているため、チューニングに利用する事が可能です。

下記の音が同じ音がなるハーモニクスのポイントとなります。

  • ・4弦5フレットのハーモニクスと3弦7フレットのハーモニクス
  • ・3弦5フレットのハーモニクスと2弦7フレットのハーモニクス
  • ・2弦5フレットのハーモニクスと1弦7フレットのハーモニクス

ハーモニクスを利用すれば、チューナーを忘れてしまった時や故障してしまったときに、他の人に何か開放弦の音を1回鳴らしてもらえれば全ての弦のチューニングを行えます。

相対音感を鍛えることもできるので、身につけておいて損はないでしょう。

おすすめのチューナー

KORG/Pitchblack Advance PB-AD

コルグ

僕も愛用している大定番のKORGペダル型チューナーです!

精度の良さはもちろん、入力された音に影響を与えないトゥルー・バイパス仕様のため、音の劣化を感じさせません。

チューナーONの状態はミューと状態になるので、人力スライサーとしての使い方もできます!

SOUND HOUSEで見る Amazonで見る

KORG/Pitchblack mini PB-MINI

コルグ ミニ

定番のチューナーであるKORG Pitchblackのサイズを小さくしたペダル型チューナーです!

軽量化されていても制度ははそのまま、ペダルを押したときにチューナーがひっくり返らないようスタビライザーも搭載されています!

エフェクターボードに隙間が少ない方などにはおすすめしたいチューナーです。

SOUND HOUSEで見る Amazonで見る

KORG/Pitch Clip

コルグ クリップチューナー

KORGから出ているクリップ型のチューナーで、ヘッドに取り付けて音をだすだけで簡単にチューニングが行なえます。

ペダル型に比べて精度は落ちますが、軽量であり演奏中にも音の確認ができるので使える場面は多岐に渡ります。

カラーバリエーションも豊富であり、なおかつ非常に安価なので1つ持っておいて損はないでしょう!

SOUND HOUSEで見る Amazonで見る

PETERSON/Strobo Clip

ピーターソン

PETERSONのStrobo Clipは多くのスタジオミュージシャンが愛用している本格派のクリップ型チューナーです。

特徴は何と言っても音程の精密さの一言につきます!セント単位でしっかりとチューニングを行うため針がなかなか合わずに苦労しますが、その分しっかりと合わせた時の音の響きは抜群です!

値段はやや高めですが、バンドでレコーディングを行う方やプロを目指している方には是非購入をおすすめしたいチューナーです!

SOUND HOUSEで見る

Amazonで見る

まとめ

以上、チューニングのやり方のまとめでした!

正しいチューニングをしっかりと行い、練習やバンド演奏をよりいいものにしましょう!

あわせて読みたい

コメントを残す